大牟田市近郊を中心としたJrユースフットボールチーム


by BlueeienFC

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

入部説明会について


小学生のみなさん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。
サッカーを通じてたくさんの思い出、たくさんの友達と出会えた事と思います。
大切な思い出をいつまでも忘れずに今後もたくさんのよき出会いを大切にしてください。
さて、今回中学生になってもみなさんにサッカーの楽しさ、奥深さを味わっていただきたい為、下記の日程にてBlue Eien OmutaFCの入部説明会を開催致したいと思います。
 当クラブはサッカーのみならず学校生活、社会生活においてもバランスの取れた選手、および自律した考え方ができる選手、自立した行動ができる選手を育てていく事を目的としています。また、所属する選手には、サッカー本来の楽しさ、勝利する喜び、成長(達成)する楽しさを体感してほしいと願っています。ぜひ、入部に迷っておられる方も説明会にお越し頂いて現状を見て、聞いていただけたらと思います。年度末のお忙しい中とは思いますが、どうぞご参加下さいますよう、心よりお待ちいたしております。

*当日は、入部要項の冊子も必ず持参してください。

日 時  3月28日(日) 午後18時00分から(1時間程度)

場 所  緑地公園管理事務所 会議室

連絡先 Blue Eien OmutaFC 野田龍也
℡090-1086-3780
[PR]
by BlueeienFC | 2010-03-29 23:59 | 入会案内

新規メンバー募集

2010年体験トレーニング開催中

 
 新規メンバー募集 

 体験トレーニングを実施します、気軽に参加してください。
 
 会場:宮浦公園運動広場(yumeタウン大牟田裏)
 
 参加対象者 :現小学6年生、現中学1年生 未経験者でもOK

 開 催 日: 随時 毎週火曜・木曜日・日曜日
 
 時間 :   18:30~20:00

下記の日程でも体験トレーニングを行っていきます是非ご参加ください。
 
 最終練習会
3月28日(日) 会場:早鐘G
10:00~12:00


 参 加 料 金 :無料

 持 参 物 :サッカー用具一式、ボール、飲み物

※雨天の場合は中止とし、ブログに掲載します。
※体験練習会に参加希望の方は、事前にメールにてご連絡下さい。
 (なお、当日直接お見えになっても構いません。)

パソコンメールアドレス Blue eienFC@excite.co.jp
ブログアドレス http://Blueeien.exblog.jp(携帯電話でも閲覧できます)
携帯メールアドレス tatsu.v.j.f@docomo.ne.jp
携帯電話番号 090-1086-3780(野田
[PR]
by BlueeienFC | 2010-03-28 23:59 | 体験練習会

KING カズ



肉体の鍛錬に励むカズ

今年プロ25年目を迎え、なお成長を追い求め、ピッチに立ち続けるサッカー界の魂、キング・カズ、三浦知良。
43歳のカズは、今年も「90分全試合出場」を目指し、1月のグアムでの自主トレから、チーム練習、キャンプと徹底した肉体の鍛錬と練習に励む。
カズが所属するJ2横浜FCは去年の不振から脱するため、監督が交代。監督は「日本一厳しい練習をする」と宣言した。カズは、連日ハードな練習メニューを、20代が中心の若い選手たちの先頭を切っておこなっていく。カズが、どんな時でも微塵(みじん)も力を抜かないのには、

一つの哲学がある。
「試合でいいプレーをするためには、何かで苦しまなければ楽しみは得られない。物事いいかげんにやったら全然楽しくないし、何でも真剣にやるから楽しい」




カズに大きな影響を与えたゴラン・ユーリッチとの出会い

15歳で単身ブラジルに渡り苦節4年、プロとなったカズ。帰国後、Jリーグが開幕すると一気に時代の寵児(ちょうじ)となる。カズの最大の目標は、ワールドカップへの出場。しかし、93年の「ドーハの悲劇」、そして98年の代表落選とカズはその舞台に立つことを許されなかった。そして、所属チームからの突然の戦力外通告。
メディアに引退の危機と書き立てられるなか、31歳のカズが、「誰も自分のことを知らないところに行きたかった」と移籍先に選んだのは、東欧・クロアチアのチーム。そこで、忘れられない出会いをする。当時35歳、大ベテランの選手だったゴラン・ユーリッチ。誰よりも懸命に練習し、誰よりも誇り高くプレーしていた。
カズがゴランから言われた、

忘れられない言葉がある。
「サッカー選手とは、年齢に関係なく常に成長するものだ。低落など存在しない」
以来、成長を追い求めるカズの長い旅は続いている。





サッカーでの充実感は何にもかえがたい

かつて共に闘った同世代の選手たちは、ほとんどが引退し、指導者や解説者に転身した。しかしカズはピッチに立ち続ける。
「サッカーで得た充実感。人生のなかで、それ以上の感動を味わったことがないので。年齢と共にスピードは衰えていくなかでやっていくのは大変ですけど、サッカーに情熱を燃やすことは一生できると思いますから」

サッカーは自分の人生そのもの、人生のすべてをサッカーに教えてもらったという。
だからカズは、走り続ける。


(NHK プロフェッショナル~仕事の流儀 参照)
[PR]
by BlueeienFC | 2010-03-24 17:13 | nosimコーチのつぶやき